棋士紹介: 真野 芳久 五段

( 本人による自己紹介文をもとに作成しています )

基本情報

氏名・段位 真野(まの) 芳久(よしひさ) 五段
生年・性別1948年 乙女座 ・ 男
出身愛知県

連珠歴

1967.11: 大学の学園祭で連珠部勧誘を素直に受け、大学連珠部に入部したのがきっかけ。
1968〜1971: 京都連珠会の早川光勝氏、西田敏生氏を師匠に、 亀井清氏、辻和彦氏を大学連珠部先輩に、 同学年の吉田清二氏をライバルに、等と 恵まれた環境で連珠の鍛錬に励む。
1969.11: 初段
1971. 4: 卒業を機に三段をもらい、就職で関東に。
1973. 3: 第13期彗星戦優勝。四段に。
1975. 3: 第15期彗星戦優勝。五段に。
1979. 4〜2009.10: 休珠。
2013. 9: 第51期名人位挑戦者決定リーグ戦 (A級リーグ) 出場。7位/10。
2014.4,5: 第10回チーム世界選手権参加。日本2チーム (5位/6) 三将。
2015. 8: 第14回連珠世界選手権参加。QT:16位/24、BT:12位/37。
2016.4,5: 第11回チーム世界選手権参加。日本チーム (6位/9) 三将。

役職等

日本連珠社:
副理事長、メディア委員長、広報委員、総務委員、連珠公認指導員
他:
東海支部支部長・会計。東海連珠会副会長

著書

以下に示すものはすべて 東海連珠会Webページ (http://tokai-renjukai.pya.jp/) の連珠資料のページからpdfファイルとして入手できます。 よければ勝手にもっていって下さい。

私の一局

「私の一局」として、随分古い時代の譜になりますが、 第1回新鋭棋士戦 (1973.10) での中村茂初段 (当時) との優勝決定戦を挙げておきます。

一次予選を勝ち上がった6名によるリーグ戦で、 中村初段と私が7勝2敗1分の同率首位となり、 両者による決勝一番勝負が行なわれました。 リーグ戦では先後各1局ずつでしたが、決定戦ということで、 先後握り・桂間連握り・後手指定の一番勝負でした。

今や天才の名をほしいままにする中村名人ですが、この時はまだ中学2年生でした。 名人への道をまっしぐらに駆け上がっていく彼のその初期の段階で対戦できたという意味で、 また私が勝てば順調に五段に昇段できるという機会を奪われたという意味で、 私にとって懐かしいものです。