棋士紹介: 河村 典彦 九段

( 本人による自己紹介文をもとに作成しています )

基本情報

氏名・段位 河村(かわむら) 典彦(のりひこ) 九段
生年月日1964年10月14日
出身地名古屋市

連珠歴

 中学2年の時に恩師である堤五郎七段に誘われ、名古屋の連珠会に通い始める
 高校2年の時に初段位を獲得
 大学進学後、84年の2月から京都連珠会に通い始める
 最初に参加した登竜門戦では6戦全敗。京都の壁の高さを思い知る
 西園八段などのライバルにも恵まれ、力を伸ばし、徐々に好成績を収めるようになる
 旧ソ連やスウェーデンにも遠征し、海外の珠友との交流も始める
 86年の第24期A級リーグに初出場、3位でシード権を獲得
 87年の第25期A級リーグで初優勝。しかし、挑戦手合いでは中村名人には敗れる
 94年の第32期A級リーグで優勝。中村名人に3勝2敗で勝利し、名人となる
 95年にエストニアのタリンで行われた第4回世界戦で初優勝
 95年の第33期名人戦で長谷川九段の挑戦を退け初防衛
 96年の第34期名人戦で長谷川九段に敗れ名人位を失う
 04年の第42期A級リーグで優勝、山口真琴名人を破り3回目の名人位に就く
 05年の第43期名人戦で長谷川九段に敗れ名人位を失う

主な棋戦成績

 名人位 3期
 世界選手権優勝 1回
 A級リーグ優勝 8回

役職

 公益社団法人日本連珠社理事長
 連珠世界連盟副会長
 国際委員会委員長
 東京連珠会顧問

B 01 01 15 15 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・2321・・・・・・・・ ・・・・・・18・・・・・・・・ ・・・・・・1622・・・・・・・ ・・・・・・20040209・・・・・ ・・・・・2414011706・・・・・ ・・・・25151926050807・・・・ ・・・・・・・031310・・・・・ ・・・・・・・12・11・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

私の一局

初めて名人位を獲得した、 第32期名人戦挑戦手合い第5局がやはり思い出深い一局です。

黒15が中村名人の失着ですが、 15を見た瞬間、「奇跡が起こった」と思いました。

黒:中村名人 白:挑戦者河村八段(当時)
  白26にて黒投了