第42期名人戦 News

【新名人誕生!!】

インターネット中継でもお知らせいたしましたが、11月14日に開催された全日本連珠名人戦・挑戦手合い第4局において、
挑戦者の河村典彦九段(元名人)が山口真琴名人を松月白番で破り、通算成績3勝1分で全日本連珠名人位を獲得されました。
河村典彦新名人は、第32期、33期に続きまして3回目の名人位戴冠となります。

VS
山口真琴 名人(神奈川) 河村典彦 九段(東京)

◆第1局  2004年10月16日(土)
 AM9:30〜 江東区森下文化センター
(都営新宿線・大江戸線森下駅より徒歩7分)

結果:仮先白番 挑戦者・河村典彦九段の勝ち(瑞星)

◆第2局  2004年10月17日(日)
 AM9:30〜 日本連珠サービス・和室
(練馬区豊玉・西武練馬駅より徒歩10分)


結果:仮後黒番 挑戦者・河村典彦九段の勝ち(名月)

◆第3局  2004年11月13日(土)
 AM9:30〜 
第1会場:大田区池上梅園 9:30〜16:00まで
(都営浅草線西馬込駅から徒歩10分・バス「本門寺」裏徒歩3分)
※梅園入場料 100円

第2会場:大田区ライフコミュニティ西馬込 16:30〜

(都営浅草線西馬込駅から徒歩0分)

結果:満局(疎星)

◆第4局  2004年11月14日(日)
 AM9:30〜 江戸川区小松川さくらホール
(都営新宿線東大島駅から徒歩10分)
(都営バス 小松川健康サポートセンター前 徒歩1分)


結果:仮先白番 挑戦者・河村典彦九段の勝ち(松月)

ライブ中継に多数ご来場くださいまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

A級リーグ
●9月18日〜20日 
神奈川県箱根・国民宿舎「太陽山荘」にて開催。

成績表

◆A級リーグシード選手

長谷川一人 九段(大阪)
20回出場
飯尾義弘 七段(兵庫)
6回出場
松浦 浩 七段(広島)
18回出場

◆A級リーグ出場選手

※各地区の代表は7名です

●各地の予選概況

【東日本地区】(2名)

日時 場所 通過者 シード
一次予選 6月13日 練馬 4名  河村典彦 九段  佐藤清富 三段  岡部 寛 七段 久富隆洋 六段 
二次予選 7月11日 東大島 2名
河村典彦 九段(13回) 岡部 寛 七段(3回)

●7月11日に二次予選が行われ、河村典彦九段が5年振り13回目、岡部 寛七段が3年連続3回目の出場を決めた。

【東海地区】(1名)

日時 場所 通過者
一次予選 5月9日 浜松 4名 石谷信一 八段 丸山保司 六段 山本靖弘 五段 篠田 聖 初段
二次予選 6月13日 浜松 1名  
石谷信一 八段(14回)

●6月13日に二次予選が行われ、石谷信一八段(富士市)が3年連続14回目の出場を決めた。

【関西・北陸地区】(2名)

日時 場所 通過者
一次予選 5月16日 神戸 4名 小磯重正 七段 大井耕三 五段 高川悌二六段 阪本嵩山七段
二次予選 6月13日 京都 2名  
阪本嵩山七段(2回) 高川悌二六段(3回)

●6月13日に二次予選が行われ、阪本嵩山七段が5年振り2回目、高川悌二六段が2年振り3回目の出場を決めた。

【中国・四国地区】(1名)

日時 場所 代表
決勝 5月9日
斎藤弘次六段(初)

●5月9日に代表決定戦が開催され(7名参加)、斎藤弘次六段が初のA級リーグ出場を決めた。

【西日本地区】(1名)

日時 場所 通過者 シード
一次予選 4月18日 福岡 4名 西村敏雄九段 藤並久雄九段 坂下昭一五段 久家彰夫七段
二次予選 5月29日 福岡 1名
坂下昭一六段(3回) 

●5月29日に二次予選が開催され、、坂下昭一五段(福岡)が15年振り3回目のA級リーグ出場を決めた。

禁転載・写真

(C)社団法人 日本連珠社