日本連珠社のタイトル

名人戦

最近の名人戦の結果・途中経過は、 主な棋戦からご覧頂けます。

【 第38期 (2000年) 以前 】

名人戦の個別的な紹介となっています。

第1期〜第8期 (1960年代): A級リーグ戦成績同 順位表
第9期〜第17期 (1970年代): A級リーグ戦成績同 順位表
第18期〜第27期 (1980年代): A級リーグ戦成績同 順位表
第28期〜第32期 (1990年代前半): A級リーグ戦成績
第33期〜第36期 (1990年代後半): A級リーグ戦成績
第37期 (1999年): 名人位挑戦A級リーグ戦成績
第38期 (2000年): 名人位挑戦A級リーグ戦成績
順位表第28期〜第37期 (1990年代)第38期〜第47期 (00年〜09年)第48期〜 (2010年〜)

【 第39期 (2001年) 以降 】

Webページによる名人戦の総合的な紹介となっています。

第39期 (2001年) /  第40期 (2002年) /  第41期 (2003年) /  第42期 (2004年) /  第43期 (2005年) /  第44期 (2006年) /  第45期 (2007年) /  第46期 (2008年) /  第47期 (2009年) /  第48期 (2010年) /  第49期 (2011年) /  第50期 (2012年) /  第51期 (2013年) /  第52期 (2014年) / 
第53期 (2015年) A級リーグ 挑戦手合い

【 名人戦に関する統計データ 】

他の国内主要大会

【 十傑戦 】

第1期〜第7期 (1974〜1980): 成績表順位表

【 珠王戦 】

西暦の奇数年は世界選手権の、偶数年はチーム世界選手権の日本代表選考会を兼ねた大会です。

第 1期 (2006) (結果と案内)、 第 2期 (2007) (案内と結果)、 第 3期 (2008) (案内と結果)、 第 4期 (2009) (案内)、 第 5期 (2010) (案内と結果)、 第 6期 (2011) (案内)、 第 7期 (2012) (案内)、 第 8期 (2013) (案内)、 第 9期 (2014) (案内)、 第10期 (2015) (案内)、 第11期 (2016) (案内)

国際戦

最近の国際戦の結果は、 主な棋戦からご覧頂けます。

【 世界選手権 】

これまでの世界選手権の概要
回 (年)開 催 地AT優勝者 (国)AT出場の日本選手
1
(1989)
京 都
(日本)
中村 茂
(日本)
中村 茂 名人: 優勝
奈良 秀樹 七段: 2位
西村 敏雄 九段: 3位
長谷川 一人 八段: 4位
2
(1991)
モスクワ
(ソ連)
中村 茂
(日本)
中村 茂 名人: 優勝
山口 真琴 五段: 2位
奈良 秀樹 八段: 4位
長谷川 一人 八段: 5位
3
(1993)
アルイェプログ
(スウェーデン)
A. メリティ
(エストニア)
奈良 秀樹 八段: 2位
長谷川 一人 九段: 5位
相楽 俊 八段: 7位
4
(1995)
タ リ ン
(エストニア)
河村 典彦
(日本)
河村 典彦 名人: 優勝
奈良 秀樹 八段: 4位
5
(1997)
サンクトペテルブルグ
(ロシア)
長谷川 一人
(日本)
長谷川一人 名人: 優勝
相楽 俊 八段: 3位
奈良 秀樹 八段: 4位
河村 典彦 九段: 7位
6
(1999)
北 京
(中国)
A. メリティ
(エストニア)
長谷川 一人 九段: 4位
早川 嘉美 九段: 8位
西園 典生 八段: 10位
相楽 俊 八段: 12位
7
(2001)
京 都
(日本)
A. メリティ
(エストニア)
奈良 秀樹 九段: 4位
石谷 信一 八段: 8位
8
(2003)
バズティナ
(スウェーデン)
T. タイムラ
(エストニア)
岡部 寛 七段: 5位
飯尾 義弘 七段: 8位
山口 真琴 名人: 10位
9
(2005)
タ リ ン
(エストニア)
A. メリティ
(エストニア)
岡部 寛 七段: 8位
10
(2007)
チュメニ
(ロシア)
呉 鏑
(中国)
山口 釉水 九段: 3位
岡部 寛 七段: 9位
飯尾 義弘 七段: 11位
11
(2009)
パルドゥビッツエ
(チェコ)
V. スシュコフ
(ロシア)
中村 茂 九段: 4位
岡部 寛 八段: 8位
小野 孝之 五段: 12位
12
(2011)
フースクバーナ
(スウェーデン)
曹 冬
(中国)
大角 友希 名人: 7位
岡部 寛 八段: 8位
13
(2013)
タ リ ン
(エストニア)
T. タイムラ
(エストニア)
大角 友希 九段: 2位
岡部 寛 八段: 9位
14
(2015)
スーズダリ
(ロシア)
祁 観
(中国)
神谷 俊介 四段: 4位
岡部 寛 八段: 5位
 世界選手権では、 等が行なわれますが、連珠チャンピオンはATで決まります。

これまでの世界選手権についての 詳細

【 チーム世界選手権 】

これまでに行なわれたチーム世界選手権の概要
回 (年) 開催国 優勝国 日 本 チ ー ム
大 将副 将三 将四 将R1R2順 位
1 (1996)ロシアロシア 奈良 秀樹長谷川 一人井綿 章久安達 康弘 鈴木 淳一郎(5名制) 5/7
2 (1998)アルメニア(なし) 参加せず (競技不成立)
3 (2000)エストニアロシア 長谷川 一人奈良 秀樹早川 嘉美阪本 弘氏 ---(5名制) 3/7
4 (2002)スウェーデンロシア 奈良 秀樹飯尾 義弘久富 隆洋安達 康弘 ---(5名制) 5/8
5 (2004)ロシアロシア 飯尾 義弘久富 隆洋石谷 信一奈良 秀樹 ---(5名制) 5/9
6 (2006)エストニアロシア 岡部 寛高嶋 純也大角 友希飯尾 義弘 ---(5名制) 5/8
7 (2008)フィンランドエストニア 飯尾 義弘石谷 信一佐藤 清富高嶋 純也 ---(5名制) 4/9
8 (2010)日本中国 中村 茂長谷川 一人岡部 寛山口 釉水 河村 典彦磯部 泰山 3/8
大角 友希田村 一誠長尾 紀昭玉田 陽一 飯尾 義弘石谷 信一 6/8
9 (2012)中国日本 大角 友希中村 茂久富 隆洋田村 一誠 岡部 寛中山 智晴 1/8
10 (2014)台湾エストニア 中村 茂飯尾 義弘福井 暢宏あ こ 大角 友希田村 一誠 3/6
三森 政男小野 孝之真野 芳久石谷 信一 中山 智晴神谷 俊介 5/6
11 (2016)エストニアエストニア 舘 雅也石谷 信一真野 芳久丸田 浩貴 飯尾 義弘--- 6/9

【 ユース&ジュニア世界選手権 】

( 「連珠世界」誌の記事から抜き出してまとめました。 不十分な部分についてはご指摘下さい。)

これまでに行なわれたユース&ジュニア世界選手権の概要
回 / 年 開 催 地 概    要
第1回
(1996)
ニジニ・ノヴゴロド
(ロシア)
6か国55名参加。日本からは選手6名を含む10名が参加。
・ユース(18才以下男子)優勝:M.チュビキネ (エストニア)。
・ジュニア(14才以下男子)優勝:K.チンギン (ロシア)。
・女子の部優勝:E.チンギン (ロシア)。2位に達冨睦さん。
第2回
(1998)
北 京
(中国)
日本の9名を含む60名の参加。
・男子ユース(16〜18才)優勝:H.ハーマーソン (スウェーデン)。
・男子ジュニア(15才以下)優勝:邵小冬 (中国)。
・女子ユース(16〜18才)優勝:L.エレナ (ロシア)。
・女子ジュニア(15才以下)優勝:■(上に口、下に天) 丹 (中国)。
第3回
(2000)
アルイェブログ
(スウェーデン)
日本の5名を含む42名の参加。ロシアが4冠独占。
・男子ユース優勝:K.チンギン (ロシア)。
・男子ジュニア優勝:D.ネクラソフ (ロシア)。
・女子ユース優勝:E.レベデワ (ロシア)。
・女子ジュニア優勝:J.サブラソワ (ロシア)。
第4回
(2002)
ホデュガ
(ロシア)
日本の4名を含む67名の参加。ロシア勢の強さが目立つ。
・男子ユース優勝:K.チンギン (ロシア)。2位に岡部寛六段。
・男子ジュニア優勝:T.タイムラ (エストニア)。
・女子ユース優勝:Y.サブラソワ (ロシア)。
・女子ジュニア優勝:A.ミハイロバ (ロシア)。
第5回
(2004)
エレバン
(アルメニア)
日本の5名を含む75名の参加。日本から初の優勝。
・GrpA (84〜89生の男子) 優勝:岡部寛七段 (日本)。
・GrpB (90〜生の男子) 優勝:Y.スマロコフ (ロシア)。
・GrpC (84〜89生の女子) 優勝:Y.サブrソワ (ロシア)。
・GrpD (90〜生の女子) 優勝:M.ペステレワ (ロシア)。
第6回
(2006)
北 京
(中国)
日本の6名を含む58名の参加。
・GrpA (83〜88生の男子) 優勝:呉昊 (中国)。
・GrpB (89〜93生の男子) 優勝:リサコフ (ロシア)。2位に宮川創五段。
・GrpC (?) 〜 GrpF (?):日本からの参加なし。
第7回
(2008)
ハーフサル
(エストニア)
10か国76名参加。日本からは3名参加。
・GrpA 優勝:A.オル (エストニア)。3位に岡部寛七段。
・GrpB 優勝:A.ガドウリン (ロシア)。
・GrpC 〜 GrpF:日本からの参加なし。
第8回 日本からの参加はなし。
第9回 日本からの参加はなし。
第10回
(2014)
スーレヤーニ
(エストニア)
日本からの参加はなし (主審として岡部寛八段が参加)。
2016 タリン
(エストニア)
66名参加。日本からの参加はなし。

【 アジア選手権 】

( 「連珠世界」誌の記事から抜き出してまとめました。 不十分な部分についてはご指摘下さい。)

これまでに行なわれたアジア選手権の概要
第1回
(2003)
廊坊
(中国)
6か国34名参加。日本からは2名が参加。
優勝:張進宇 (中国)。
第2回
(2006)
ソウル
(韓国)
3か国26名参加。日本からは9名が参加。
優勝:キム・チャンホーン (韓国)。3位に岡部寛七段、4位に賀茂雪五段。

連珠社からの提案

【 連珠手話の提案 】

日本連珠社が提案する連珠用語等に関する 連珠手話の提案です。